保険見直しならファイナンシャルプランナーへ相談

保険見直しをファイナンシャルプランナーへ相談しましょう



保険見直し相談のコツ

FPによる相談でよい結果を得るにはいくつかのコツがあります。まずは保険見直しで期待することは何か、そう思ったのはなぜかを整理しておきましょう。家計が厳しくて月々の保険料負担を減らしたいのか、それとも保証を厚くしたいのか。このあたりをまずチェックしましょう。

もう一つは、自分の保険の内容を正確に知っておくことです。勧められるまま加入していて案外内容を知らない人が多いのです。その保険に加入した理由、毎月の引き落とし額、保険金請求が可能なのはどんな時かなどを確認し、手元に保険証券の現物を用意しておきましょう。

次に、FPに保険相談できる相談窓口を確認しましょう。ネットで検索するとお住まいの近くで気軽に保険見直し相談が可能な場所がヒットします。県庁所在地レベルであれば、街の中に必ずといっていいほど1か所はあると思います。大手が運営するところもあれば、地方で独自に運営しているところもあります。信頼できるかどうかは話してみないと分かりませんが、質問にきちんと答えてくれるかどうか、必要な資料をくれるかどうか、納得する説明をしてくれるかどうか、見極めることが大切です。
さらに比較するときは国内、外資系、損保系、ネット系で2、3社ずつ比べてみるとよいと思います。保険なんてどれも大して変わらない、と思っていたら大間違い。案外違いが大きいことに驚くと思います。

FPに相談するメリットは?

ファイナンシャルプランナー(FP)に保険見直しを相談するメリットについて説明します。FPは専門知識に基づきライフステージに合わせた保険商品の設計や、現在加入する保険の課題や見直しを提案できる能力を持っています。保険会社の職員としてFP資格を持っている人もいれば、独立系のFPとしてコンサルタント業務を行っている人もいます。ほとんどの保険商品に精通しており、専用のPCを使ってビジュアルで分かりやすい分析と説明、将来の様々なライフイベントに合わせた試算を行ってくれます。なかなか自分自身ではそこまでの分析は難しいでしょう。ネット上でも想定条件に応じて保険料を試算するサイトが見受けられますが、保険は、様々な特約の組み合わせ方によってオーダーメードで最適な設計が可能な商品であり、専門家の助言を直接聞いた方がよりよい会社、よりより商品設計つまり納得感のある保険料を算出できます。

このメリットを生かすためにはどうしたらよいでしょうか?最も重要なのは、相談する自分自身が、保険の見直し相談の目的をはっきりさせることです。何となくではなく、見直す理由が大切なのです。例えば子供が生まれたのなら、一家の世帯主としては生命保険に加入し万が一に備えるでしょうし、子供たちが社会人になって巣立って行ったら、いざというときの備えは必要最小限で済むわけです。

保険見直しはFPに相談

人生で住宅の次に大きな買い物といわれる保険。私たちにとって身近な保険は、生命保険と医療保険、損害保険などがありますが、このうち生命保険や医療保険には様々な形態があり、一口には語りつくせないほど、多種多様な保険商品があります。生命保険会社は外資系を含め多数ありますし、最近では店舗を持たないネット系の保険会社も出てきましたので、選択肢が広がっています。会社勤めをしていれば保険会社の外交員が出入りし、保険商品の加入や更新を勧めてきますが、忙しい毎日の中ではゆっくり比較する時間はなかなか取れないのではないでしょうか。

しかし、実際に加入している保険が、本当に必要なものなのか。必要な内容を網羅しているか。無駄がないか。このような視点で見直してみると、保証内容の重複や、思っていた内容と契約内容が違っていることがあります。例えば、低金利時代の前には、生命保険と貯蓄が一体となった養老保険が飛ぶように売れていましたが、今は時代にあっているとはいいがたく、かといってハイリスクな商品を買うのも怖いですよね。生命保険も、家族形態やライフステージによって必要な範囲で入ればよいところ、子供たちが社会人になったのに、内容が結婚当初のままなら、内容を見直すことで、月額の負担を減らすことができます。

このようなときに頼りになるのはファイナンシャルプランナー(FP)です。本サイトではFPに保険見直しを相談するメリットについてもう少し詳しく説明するとともに、最近広まっている、保険見直し一括相談サービスを取り上げ、その上手な活用法について紹介します。